ぺニス増大サプリによく入っている成分とは

ぺニス増大では定番の2大成分

どのぺニス増大サプリにも、基本的に配合されている成分が2種類あります。そのひとつがアルギニンで、成長ホルモンの合成を促進します。成長ホルモンは身体全体に影響し、ペニスも例外ではありません。
またアルギニンには体内の一酸化窒素の産生を促す作用もあります。ぺニス増大のためには大量の血液が送り込まれる必要がありますが、一酸化窒素は血管を拡張させる働きを持つため、血流が促進されます。
そしてもうひとつはシトルリンと呼ばれる成分で、スイカの種に多く含まれています。アルギニンと同じように一酸化窒素を産生する働きがあり、血流促進に役立つ成分です。それぞれの効果を相乗することで、より高い結果が期待できます。
さらにシトルリンは体内の循環に組み込まれると、やがてアルギニンに変化する性質をもちます。その上吸収率が高いと考えられているため、アルギニンだけでは満たしづらい血中濃度を高める働きもあります。

天然成分のバリエーションも豊か

また亜鉛もアルギニンやシトルリンと同じくらいの確率で、ぺニス増大サプリに含まれています。直接的にぺニス増大をする作用はありませんが、ペニスが正常に働くためには欠かせない成分です。直接成分で使用されることもあれば、素材となる牡蠣などに含まれるなど形は色々です。
ぺニス増大サプリには天然素材が使用されることも多く、その中で代表的なのはマカです。比較的新しい精力素材として注目を集め、ぺニス増大サプリの定番化をしています。成分面では亜鉛を多く含むとともに、身体の基本となるアミノ酸も種類豊富に蓄えているのが特徴です。亜鉛が中心なのでどちらかというとサポート的な役割です。
その他にもマムシやスッポンなども用いられますが、働きが期待できる成分は似ています。これらは古くから精力剤として使用されてきた素材です。ぺニス増大のためにはまずペニスがしっかり働くことが大切なので、ぺニス増大のメカニズムはアルギニンとシトルリンに任せながら、補助する者だと考えましょう。

まとめ

ぺニス増大は海面体の中に十分な血液を送りこんで、風船のように膨らませることが大切です。そのためには十分な量の血流を維持しなければなりません。その役割をサプリに求めましょう。
基本となるアルギニンとシトルリンを別で摂取しても問題ありませんが、他の成分と一緒になっているサプリであれば、それぞれを管理する手間が省けます。成分は身体との相性もあるので、最適なものを見つけるまで複数を試してみると良いでしょう。